04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

マカロン等に使う “生クリーム(ホイップ)” の材料は?

2008.09.15 (Mon)

シリコンの絞り方 作品例

スイーツデコには欠かせない “生クリーム” ですが、

 「生クリームの材料がわからないよ

……と思う方が、実は大勢いらっしゃるようです。


 今回は、そんな方々の疑問にお答えしますっ



生クリームの材料は?

“生クリーム”の材料は、大きく分けて3つあります。

 ① “シリコン” を使う。
    良い点 ⇒ 本物の生クリームみたいな透明感がある。
           触感がプニプニとして、弾力がある。
           生クリームのスジが綺麗に表現できる。

    悪い点 ⇒ 臭いが強いため、長時間の作業に向かない。
           失敗しても、修正することが出来ない。

 ② “ホイップ用粘土を使う” 使う。
    良い点 ⇒ すぐに絞れる状態で販売されている。
           失敗しても、手で修正できる。

    悪い点 ⇒ シリコンよりも、絞るときに握力がいる。
           値段が比較的高め。

 ③ “粘土を水で柔らかくして” 使う。
    良い点 ⇒ 失敗しても、手で修正できる。
           色が簡単に付けれる。

    悪い点 ⇒ 生クリームのスジが出にくい。
           水加減がむずかしい。


 どれが1番使いやすいかは、人それぞれです

 自分にあったものに巡り合うのが、上達のカギだと思います
 


実際、どんな商品があるの?

 下の商品一覧の名前から、詳しい説明や購入できるショップを紹介したページに行けます


● “シリコン” を探す

  シリコンシーラント8060 ホワイト


● “ホイップ用粘土” を探す

  ホイップタイプ 樹脂風粘土 グレイス シリコンホイップ デコイップ 3色


● “樹脂粘土” を探す

  コスモス モデナソフト


  「参考になったよっ」と思いましたら、ポチッとおねがいします 

       にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
スポンサーサイト
21:32  |  色々なQ & A  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

樹脂粘土と紙粘土の違いは?

2008.09.05 (Fri)

以前いただいたコメントに、

  「スイーツデコを作るときに紙粘土ではダメですか

……とあったので、今回は “樹脂粘土”“紙粘土” の違いを比較したいと思います

   樹脂粘土と紙粘土の比較

 どちらも、同じ色・作り方で作ったものです

 左が “樹脂粘土” で、右が “紙粘土”です。


“樹脂粘土”は、
  ●見た目 ⇒ 透明感があり、艶やか。
  ●触感 ⇒ なめらかで陶器のよう。
  ●重さ ⇒ 紙粘土より重く、ずっしりした感じ(ハーティを除く)。

“紙粘土”は、
  ●見た目 ⇒ 不透明で、マット。
  ●触感 ⇒ ザラザラしている。
  ●重さ ⇒ とっても軽い。


結論から言うと、
  「紙粘土で作っても、もちろん大丈夫です


 ただし、作ったものを “ストラップ” 等のようにしたいならば、見た目の面でも耐久性の面でも “樹脂粘土” をオススメしますっ



  「参考になったっ」と思いましたら、ポチッとおねがいします 

       にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ
22:53  |  色々なQ & A  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。